Billabong Passion / Hideyoshi Tanaka

 

JPSAのグランドチャンピオン争いに最後の最後まで執念を燃やしたタナカヒデヨシ

最終戦となったブルーエコシステムプロにおいて、 ヒデヨシはラウンドー7を1位で通過、

次のラウンドー8でカレントリーダーのカトウアラシがまさかの敗退を喫し、

そこをついてヒデヨシはトップで勝ち上がりクォーターファイナルへ進んだ。

ヒデヨシがグラチャンになるには優勝しかない。

そしてクォーターもニシユウジを相手に落ち着きある試合運びで勝ち上がりセミへと突き進んだ。

ホームポイントでもある志田下のバンクを熟知したタクティクスを持ってすれば、

ヒデヨシが優勝し、 奇跡の大逆転グランドチャンプも夢ではなくなってきた。

そして、その大きな勝負となるセミファイナルでは、やはり地元のイナバレオが対戦相手となった。

ヒデヨシは正確かついつもより熱いラインで攻め込み、

レオは太くダイナミックなバックハンドを駆使したサーフィンで、

甲乙つけがたい見応えのあるセミファイナルだったが、勝負の軍杯はレオに上がり、

後一歩の所でヒデヨシのグラチャンへの夢が消えてしまったのだ。

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

Hideyoshi Tanaka

All photos & text: Naoya Kimoto / a.k.a Kin chan

 

 

Loading...
COMMENTS
There are currently no comments.
ADD A COMMENT
Loading...
Your Name
Your Email

500 characters left
Please be sure to enter your name and email before submitting this comment.
Please also refer to our comments policy.