ヘレン・シェッティーニ


スポンサー:
Billabong, YES, Vivo Headwear, Electric, Circa, NOW Bindings, The Circle, Dakine
Blog: helenschettini.blogspot.com
Instagram: @helenschettini

Billabongファミリーのニューメンバー 、ヘレン・シェティーニ はバックカントリーにおいて重要な役割を担っています。
人は見かけによらずとは言うが、この小さな女性は他を見ない程の勢いでバックカントリーに挑みます。
カナディアンロッキーでの危険なクリフやきわどいラインのモービル、ライディングは彼女の得意とするところです。

"Yes It’s A Movie"でのフルパートの他にも今後多くのメディアで彼女を見かけることでしょう。ヘレンはバックカントリーのレジェンドへの道を突き進みます。

「とても関心したわ、上手くなるのに何年もかかるモービルの扱いが彼女はとにかく上手くて、そして可能な限り一番巨大なドロップを選ぶの。そしてここが最も重要!バナナブレッドをみんなの為に焼いてくれるの。クルーと共に彼女と一緒に滑れることに大興奮したわ。彼女のゲレンデでのライディングはバックカントリーでのラインやクリフへの自信となっているの。そんな経験を出来るガールズライダーはなかなかいないわ。だから彼女は目立っているに違いないわ。今後注目すべきライダーに間違いないしね。」

-Annie Boulanger








Latest Blog Entries
27th Oct 2014
In the words of Lauren Hill - 私が持っていた少しの先入観と予想は、みごとに吹き飛ばされました。とにかくそれがトンガでの冒険の感想です。トンガに行ったことがあるという人にほとんど会ったことがありませんでしたし、同じくしてその地のサーフィン情報や南太平洋のさんご島の地理や地形についてもあまり情報はありませんでした。写真さえほぼ見たことがありません。飛行機も時間もおかしな時間だったり、かなり遠くに位置する為、私たちのトロピカルアイランド逃避レーダーにもまだ反応ていないようです。 そんなこともあり、私はフレッシュな視線でトンガの美しさを受け入れる準備ができていました。そしてその美しさは想像を遥かに遥かに越えるもので、まさに衝撃でした。 そこには深く青い太平洋へと繋がる荒涼とした石炭岩の崖、ココヤシと珊瑚ビーチが広がっていました。私はヤシのかやぶきで出来た家の外でクジラたちの呼吸音に合わせて眠りました。そして深く透明度の高い海で地球上でもっとも神秘的で尊い生物の一つであるザトウクジラとのフリーダイビングに数日を費やしました。 トンガの海には激減したザトウクジラの数が本当に少しずつですがもどりつつあります。 私は尊敬と驚きの念に心を打たれと同時に、ザトウクジラと水中にいられる機会は私を謙虚な気持ちにさせました。泳ぎながら私の体を通して彼らの歌を感じたこと、彼らが優雅に大きく体を動かし深く泳いで行く姿を見たことは忘れられません。 Thanks...
11.08.14 Kids Day の奇跡
ENTER BLOG