ローレン・ヒル


ローレン・ヒルは優美さ、謙遜、深さ、楽しみに意味をもたらし表現出来るサーファーです。彼女のスタイルはサーフィン界にも同様に彼女のユニークさと波に乗るというアートをもたらします。

サーフィンを始めて5年以内に、ローレンはU.S.Women'sアマチュア・ロングボードチャンピオン2001を含むいくつかのタイトルを獲得しました。高校を卒業した後、ローレンは学業の道か、プロのロングボーダーの道に進むかを決めなければなりませんでした。

そして環境科学と社会学の学位をステッソン大学(フロリダ州)にて取得しました。在学中、彼女のサーフィンと環境活動家への情熱は互いに融合するのでした。そしてサーフィン、サスティナビリティ、そして性別問題の交差を学問的に公表しました。

サーフィンカルチャーに関連するとして彼女の努力と行動主義は海の保護とジェンダーを中心に回り続けます。そしてローレンはTransparentSea Voyageに参加し、環境問題の認識を上げるために18フィートのカヤックでカリフォルニアの海岸線を270マイル横断しました。彼女はクジラの為の女性大使、クジラ類の為のサーファーとして仕えます。

旅の合間に、ローレンは子供の頃からのホーム、セントオーガスティン(フロリダ)とアーストラリアが誇るワールドクラスのポイントブレイクであるバイロン・ベイ(オーストラリア)にて時間を割きます。

TheSeaKin.com